上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妻と結婚して5年になる。
昨年町の郊外にマンションを買って二人で住んでいる。
自分で言うのも変だが妻は気立てが良く料理も上手で
綺麗だ・・・

そんな昨日の夜些細な事で喧嘩してしまった。
内容は何とも言えないんだが
来年の春何処へ旅行へ行くのかを決めていた時である。

「ナオコ」の行きたい所でいいよ
って、言ったひと言がどうもお気に召さなかったらしい。
自分にしたら彼女の喜ぶ所なら何処でもいいいし
それに大抵彼女が我が家の物事を決めているのである。
機嫌が悪くなったのは分かっていたがそれ程気にも留めず
その夜は寝てしまった。

で、翌日・・・

いつも通り朝食を作ってもらい
食べるその時である

「召しやがれ」

その時は気にも留めえないひと言だったが
会社のデスクに座り
よくよく妻のその言葉を思い出した。

いつもは確かに

「召しあがれ」と言ってたはずである。

その夜も夕食時妻のひと言を
注意深く聞いていると

「召しやがれ」

まだ怒っている。
表情を見ている限りは怒っていないように見えるけど
言葉で表現している。
5年一緒に住んでいるが新たな妻の怖さを知った。

翌日の朝も次の日も
彼女の怒っている表現は

「召しやがれ」

さすがの自分もそろそろ仲直りのきっかけが欲しい
そうだ明日は、クリスマス・イブだ。
たまには、ご機嫌をとる為仲直りをする為
花とケーキを買って早めに家へ帰ろう。

街はツリーのイルミネーションが綺麗に映りだす
誰もがみな家族の下へと帰りだす
きっと今日だけは仲直りのきっかけを作ってくれるよね?
急ぎ綺麗な花とクリスマスケーキを買って家へ帰り
妻の下へ帰る。

「メリークリスマス」

妻の表情に笑顔が蘇った。

北風が切なく
でも家族の団欒は暖かい
口笛は君だけに聞こえるように
今宵歌われる

そして妻が作るクリスマスディナーの言葉は

「召しあがれ」

僕はそのひと言を聞きたくて

「メリークリスマス」
Secret

TrackBackURL
→http://ryu1969.blog18.fc2.com/tb.php/1185-366bfb12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。