上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何気なく通ったパチンコ屋のBGMが外に聞こえ
僕は立ち止まった。

浜省の‘ひとりぼっちのクリスマス・イブ:MIDNIGHTFLIGHT’が流れていた。

この歌には思い入れがある。
高校生の頃の話だ
当時はまだCDなど無くレコードからカセットをダビングして
ウォークマンで音楽を楽しんでいた。
クリスマスの日に、付き合っていた彼女にこの歌をダビングしプレゼントした。

ひとりぼっちのクリスマス・イブ

彼女の感想は

「凄くいい歌だけど、淋しい曲だね」

「それとも、私達の未来の歌?」


僕はこの歌を今も好きでそして口ずさむ事が出来
そして今も歌っている。
だから、この歌の主人公のように、
そして、17歳ぐらいから聞いているから
今日もクリスマスはひとりなのかな?

思わず空を見上げ苦笑い
そうすると不思議なイルミネーションの光が
音色を作り唄っている。

‘サイレンス・ナイト’

やがて、雪が降ってきて みぞれ交じりの街が
何かの呪いの魔法を解いて
光の先に君が立っていた。

幻でもいい 今日ぐらいは君に逢いたい

‘メリークリスマス’
Secret

TrackBackURL
→http://ryu1969.blog18.fc2.com/tb.php/1108-de442ee6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。