上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.31 夏の終わり
  8月31日 (月)

元気ですか?

相変わらず更新も返事も訪問も出来ず 
すいません。

心配してくれてありがとう。叱咤・檄等のコメントを読むと
ホント嬉しくて、涙が出る想いで読んでいます。

相変わらず調子が出ないまま、今日を過していますが
悪い事がずっと続く訳じゃないから
それを信じて、今はじっと耐えている状況です。
そうそう、民主党が圧勝しましたね
政権も変わり少しは何かが変わるかな?

さて、今日紹介する曲は
絶不調の僕にピッタリで・・・
(苦笑い)

予断ですが、この曲を作った頃の浜省さんは
当時、引退も考えるほど‘ダウン’していた状態だったそうです。
くしくも40歳頃の話。
そう、僕も今年で40歳ね・・・・・・

そんな、今日は・・・

夏の終わり

‘サンディエゴフリーウェイ’を南へ走ってる
国境線越えたら砂埃舞う‘メキシコ’
夏の終わりの乾いた風が窓から
RYUの口笛吹き飛ばす
 
woo フロントガラスに
woo テキーラサンライズ

もう誰の心も引き裂くことなんてない
この車もギターも売り払い海辺の町
潮風と波の音を枕にひとり暮らそう

ギター抱きしめて眠ったあの頃
貧しさと憧れの中 夢見た ‘Rock & Roll Star’
キャンパスを中退(ドロップアウト)して長い旅に出た
果てしなく続く "RYU ROAD"

woo 流星のような
woo 幾千もの夜

愛してくれた人 打ちのめす程傷つけた
汚れた悲しいメロディー身を切るように繰り返す
拍手とスポットライトと報われぬ涙の陰で
 
もう誰の心も引き裂くことなんてない
手に入れたものみんな失ったって構わない
残された僅かな時間静かにひとり暮らそう
 
潮風と波の音を枕にひとり暮らそう
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。