上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Q,久し振りのコーナー復活です。(笑)
  早速ですが小・中学校の卒業式シーズンですね。
  その頃を思い出すよな話でも!
  以前語っていましたが
  小学校の頃は、教師と戦っていたと話していましたが・・・

A,うん、5・6年生の時の担任に嫌われていたから。

Q,原因は‘History of oneself’④で書かれていましたが
  ひどい先生ですよね?RYUさんからの感じでは・・・・・

A,まぁ、昔の事だから、今更掘り下げて言っても仕方がないんだけど
  納得のいかない先生だったよ。
  個人的には、生意気な少年であった訳だけど
  改めて言うけど
  教師とは‘平等’でなければいけないと思うんだ。
  それをこっちに良い事を言い、こっちは差別する。
  子供心でもそんな事をされれば傷つくだろう?

Q,その後ですね、教師に向かって
  『差別だ!!』 との強烈なひと言。

A,あ~あ子供だからね(笑)
  後先の事、先生に嫌われる事なんて分からず言ってしまったんだ。

Q,その後、2年間の戦いの始まり・・・

A,そうだね(笑)
  あの時は、家の環境も良くなかったから
  地獄のような日々だった。
  勉強にしたって、いくらやっても
  先生にまったく認められないから
  通知表なんて笑っちゃうぐらいだったよ

Q,良くめげなかったですね。

A,でしょ(笑)
  チョット心が弱かったら自殺をしていたかもしれない。
  でもさ、めげていても負けないって心があれば
  誰かは見ているもんなんだよ。

Q,そういう先生がいましたか?

A,音楽の先生が良い先生で
  僕と先生の関係を問題視してたのね
  やれば出来るのにやらせなかったり
  ‘差別’の事も知っていたみたいだった。

Q,見ている先生は見ているんですね。

A,うん、だって事実だからさ
  問題を起こす生徒は
  何も本人だけの問題じゃないからね。
  結局はそれ程、力にはなってもらえなかったけど
  後になって知った話しだけど嬉しかったよ。

Q,卒業式返事をしなかった事件は、笑えますね

A,可愛い最後の抵抗だろう?
  (爆)
  子供心ながら、最後までその先生を認めないって言う抵抗だよね。
  今も忘れないけど
  その先生、返事をしない僕に向かって
  2度僕の名前を言ったもん。
  その瞬間、勝ったなぁって思った。
  (笑)
  
  その声を無視して、校長の前に立って証書を受け取ったからね。

Q,・・・(苦笑い)

A,今も力のあるもの、押さえつけられたりすると
  性格だかどうだかは分からないけど
  ‘絶対屈しない’っていう気持ちになってしまうんだよね
  その頃から何も変わらず備えているんだよ、
  そう思うと、その先生に感謝しないといけないかな?
  (笑)
スポンサーサイト
 
Q,思い出したかのように質問しますが
  初デートの頃の話を教えてください。

A,‘History’や何度か以前言ったことが
  あるかもしれないけどちゃんと認めるとしたら
  高校1年生の時だね
  (それ以前の記憶がもう曖昧だ)笑
  新宿へ映画を観に行った事を覚えている。
  そう、観た映画は『トップガン』

Q,お相手の女性は?

A,中学生の同級生ですね
  高校は違う学校に行ったのですが
  何かで電話が掛かってきてね
  勢いでデートに誘ったよ(笑)

Q,デートの前に色々下準備をしたとかで・・・

A,そうだね(笑)
  これも書いた通り
  雑誌の‘ぴあ’とか‘ポパイ’とか
  その辺の雑誌で新宿の街を頭に入れてね!
  どこに何があるとか美味しいお店や
  お洒落な店があるとかね!
  歌舞伎町付近やアルタ前を歩いた覚えがあるけど・・・
  そもそも、新宿駅の出口付近から良く判っていない。
  地下街なんて今もそうだけど何処に出るのかが判らない!
  だから、必死で調べたよ!
  アハハハハ~~田舎者だからね(爆)

Q,初々しかったですね

A,でしょ?
  まぁ、僕よりも彼女の方が新宿の街は詳しかったみたい。
  そんな記憶があるな~~~
  友達と何度か来た事があるって言ってたし
  結局、あれほど調べたお店も
  彼女がこのお店が良いと・・・
  アハハハハ。。。

Q,初デートの時はそんなもんでしょう。

A,だね。

Q,初デートの感想は?

A,もう、20年も前のことだからね
  良く覚えてはいないけど
  確かに、彼女も初めてのデートだったと思う。
  ただ、黙ったまま照れながら
  時に手を繋いで目が合うと逸らしながら
  ‘ハニカミ’ながらの初デート、今も思い出しますよ。
  今も、新宿の駅を通るだけで思い出す
  16歳ぐらいの頃の話ですね。

Q,その後彼女とは?

A,そのデート1回だけですね
  違う学校に通っていたし
  違う女性と?
  それ以上書くと‘アクセス’がまた一段と減るな(笑)
  ワハハハハハ。。。

Q,告白しましょうよ!(笑)

A,もう時効だよね?
  そのうち、短編で判らないように発表しようか?
  えっ、読みたくない?
  だよね(笑)
  
  
Q,半年前、大好評?を得て終わりました
  『History of oneself』から
  もう少し、お話を聞きたいのですが

A,何でも聞いて下さい(笑)

Q,RYUさんが学生の頃、バイトでしていた
  ツアーコンダクターの話を聞きたいのですが

A,専門学校の頃の時ですね
  少し話したけど、誰もが知っている
  某有名な‘は○バス’でバイトしてたの
  タダで旅行に行けるから、良い仕事だ何て言われたけど
  実際は雑用係だよね(笑)
  うん、見た目以上に疲れた仕事だったよ。

Q,色んなお客さんがいるでしょ?

A,そうだねぇ~我が儘なおばちゃんも多かったなぁ(苦笑い)
  
  『私は、何度もこのツアーに参加しているから
   この名所は見ない!』
   って言ってバスから降りなかったり
  
  『あのホテルの角部屋じゃなければ泊まらない』とかさぁ~~    
  色んなお客さんがいましたね、
  バスガイドさんに聞くともっと色んな客がいると
  とても書くに書けない話も多いので・・・・・

Q,アハハハハハ。でもいい社会勉強になったのでは?  
  
A,確かに(苦笑い)
  当時の僕は19~20歳ぐらいの頃だし
  体力はあったけど、年上・お客さんとの接し方が
  あまり良く判っていなかったなぁ~~~~
  今だったらもっと良い旅のお手伝いが出来るんじゃないかな?

Q,そうそう、お客さんにはモテたのでは?

A,僕なんかよりモテていたのはたくさんいたよ!
  僕なんか全然の方だよ。
  まぁ、それでも若いOLさんが多い
  ツアーの時は張り切ったけどね(爆)
  写真を一緒に撮って下さいなんて言われて
  有頂天になりながら、いい思い出ですね。

Q,もう一度、ツアーコンダクターとか?
  
A,いいや、大変ですから(苦笑い)
  それに・・・

Q,それに?

A,旅は‘ひとり’で、行くのが好きなのでね
  自由に気ままに、行きたい所に行くのが好きだから
  人をまとめて何処かへ・・・
  僕にはちょっと、無理だな(笑)

Q,可愛い女性だらけのツアーの旅なら?

A,もちろん、参加もするし
  それに、僕が企画し素敵な旅にしますよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。