上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Q1,その頃、添乗員のバイトもやった事があるとか?

  A,そう、誰も知っている有名な‘は○バス’のバイトね
    2年生の春ぐらいかな?
    同級生に誘われて、始めたんだ。

 Q2,そのバスは、東京観光‘都内周り’が有名ですよね?
    浅草とか・・・・・

  A,うん、そのツアーは有名ですよね
    僕の方は、東京駅から関東近辺の
    1泊2日の旅行ね(笑)
    
 Q3,関東の何処辺りに行ったのですか?
  
  A,今は知らないけど、
    当時は‘万座温泉’とか‘天竜川舟下り’のコースが
    多かったですね。
    万座温泉の方は、晴れた日に‘白根山’の方へ
    行くと綺麗でさぁ~
    紅葉の時期は、最高じゃないかな?
    あそこの風景は最高ですよ!!
    まぁ、僕にしてみれば‘タダ’で旅行へ行けるし
    美味しいご飯は食べれるいいバイトでしたね。

 Q4,バスガイドさんは、どうでした?

  A,アハハハハハハハハハ~~~
    メチャ可愛かった人達が多かったですよ!
    今の人達は、知らないんだけど
    東京案内の方は、入社1年目か2年目の人達で
    関東近辺やその他のコースは、
    ベテラン3年目以降のバスガイドさん
    当時僕は、19歳ぐらいだから
    みんな年上ばっかりでしたね(笑)

 Q5,で、どうでした?(笑)

  A,確かに可愛い子、美人が多かったのですが
    裏を回るとね~~色々と・・・
    基本的に相手にされませんよ、
    まぁ、でも携帯があればメールぐらい聞けたかな?(笑)
    あっ、名前は忘れてしまったけど
    ひとり可愛い人がいましたね
    凄く素敵な人でしたよ。

 Q6,当時の大失敗は?

  A,大遅刻(笑)
    やっぱり家が遠いじゃない~
    朝7時頃、東京駅集合なのね    
    田舎に僕は住んでるでしょ、
    始発に乗り遅れると大変なの~
    一度寝坊してしまってさぁ、
    ギリギリ現れて、運転手に怒られましたよ
    そんで、バスガイドさんに笑われ・・・・・・
 
 Q7,所で、添乗員さんはモテルじゃないんですか?(笑)

  A,どうだろう?もっとカッコよければねぇ~
    その頃の話はいつか・・・

 Q8,うまく逃げましたね(笑)そして、進路は?

  A,近くの新しく作られた旅行会社に入社しました。
    知人の紹介でね
    それにしてもそこの会社は酷かった。
    道をもしかしたら間違えたと思ったね!
    まぁ、今更その頃の事をどうのこうと言っても
    仕方がないんだけど
    ただ・・・

 Q9,ただ?

  A,その頃、専門学校を卒業してその会社に入り
    今までにいろんな挫折を繰り返しながら
    ここまで、来たわけなんだけど
    その道を通ってきたから
    『RYU ROAD』に
    たどり着いたのかも知れませんね。

Q10,なるほど

  A,まぁ、この先もどうなるか判りませんが(笑)       
スポンサーサイト

 Q1,高校を卒業して、専門学校に進学をしたのですよね?

  A,そうですね、当時‘新宿’にあった
    旅行関係の専門学校に行きましたよ。
    将来、旅行関係の会社に入る為の学校ね。

 Q2,ツアーコンダクターとか?

  A,そうそう、そういう職種になりたい
    奴が集まる学校だった。
    当時は『男女七人夏物語』の(さんま師匠、大竹しのぶ主演)
    影響で、たくさんの人間(入学者)がいたね。

 Q3,男女7人?

  A,そう、知らない?(笑)
    その頃の、トレンディードラマの走りだったんじゃないかな?
    面白いドラマでしたね
    さんまさんと大竹しのぶの掛け合いが面白くってね
    当時、視聴率も良かったんじゃないかな?
    合間に、映る‘ツアーコン’の姿がカッコよくて
    当時の僕達に、影響を与えてましたね。

 Q4,RYUさんも?

  A,いいや、僕は当時見てなかったんだよ(苦笑い)
    ‘History’を最初から読んでくれている人は
    知っていると思うけど、
    アルバイトばっかりしていたからさぁ~
    バンドとかで忙しかったし、女の子を追いかけたり(笑)
    夜はあまり家にいなかったしね、
    ただ、再放送ではよく見たけどね。

 Q5,アハハハハハ・・・

  A,うん、志望動機は周りから
    お前の明るさを生かすのは『ツアーコンダクター』
    見たいな職業がいいんじゃないかって言われてね
    大学に進むのを辞めて専門学校に行ったのだよ。

 Q6,短編小説『ターニングポイント』でも書いてますね

  A,そうそう(笑)まぁ、そんな感じ。
    ホントは、バンドとか音楽家(作詞家)で
    飯を食べて生きたいと思ったけど
    才能が無さそうだったからね~
    もうひとつの夢だった、物書き?
    (短編小説を書いたり、ご当地を紹介したり)
    旅をしながら物を書くなんていいんじゃないかって
    思ってね、専門学校に行ったんですよ。

 Q7,そうなんですか・・・

  A,でもね、入ってすぐにそこの学校が駄目だと解かったの(笑)

 Q8,何処かですか?

  A,うん、今も覚えているけどそこの‘先生’がね
    授業中に‘コネがある奴はコネを使え!’って(苦笑い)
    真顔で、俺達に言うんだよ!
    そこの先生が言う、言葉じゃないだろうって!
    みんな俺ら同期は、そのひと言でしらけてね~
    だんだん、学校にも真面目に行かなくなってしまって・・・
 
 Q9,酷い言葉ですね

  A,まぁ、入ってみれば解からない事も解かってくるし
    大手の旅行会社とかあるよね?(JTBとか・・・)
    僕の専門学校から入社していくのが一人か二人なの(笑)
    断然、当時大学出の方が大量に入社をしていて
    それを聞いたらやる気も失せてきてね~
    落ちこぼれの一人になりましたよ。

Q10,難しいですね・・・

  A,まぁ、今更どうのこうのと言っても仕方がないし
    ただ・・・

Q12,ただ?

  A,パンフレットだけは信用するなよ!って
    だって、パンフレットには
    良い事ばっかり書いているけど
    実際は胡散臭い事もあったし・・・何よりも
    たくさんの女の子が載っていたけど
    ‘新宿’の学校は数十名しかいなかったし(苦笑い)
    
    (四谷の学校には、スッチー科とかがあって
     たくさんいたけど・・・)
    
    騙されたな~~~~(笑)
    まぁ、そんな学校でも
    面白い‘バイト’もやらせてもらったし

Q13,どんな事ですか?

  A,某バスの添乗員のバイト!

Q14,聞かせてくださいよ!

  A,それは次回で!(笑)

Q15,引っ張りますね~~~

  A,アハハハハハハハハ~~こうご期待!!
 Q1,その頃の恋愛話を聞かせて下さい。

  A,初めて女の子とデートをしたのがその頃だよね
    同級生の同じクラスの子と。
    駅で、待ち合わせて新宿の方へ
    映画を観に行った事を覚えているな。
    観た映画が『トップガン』だったよ。

 Q2,初デートは上手く行ったのですか?

  A,うん、前日にぴあで上映時間を調べたり
    雑誌の『ポパイ』や『ホットドック』かな?
    その手の雑誌を読んで、 
    いかにも俺は新宿の街を良く知ってるんだぜぇ
    見たいな顔つきで(笑)
    ぎごちないデートだったかな?
 
 Q3,初デートはそんなものではないでしょうか

  A,かも知れないね(笑)
    ただ、最近は新宿や渋谷の方には
    行ったりする事がないけど
    今もその初デートの面影は覚えてますよ。

 Q4,もっと、その頃の話を聞きたいのですが・・・

  A,話したい事がたくさんあるけど
    書いたらもっと‘最低男’の烙印を押されるから(笑)
   
 Q5,‘列伝’でどうですか?

  A,アハハハハハハ・・・・・
    そうだな、短編で判らないように書くのでどうかな?
    
 Q6,そう言えば、以前短編小説で書いた
    『同級生』こそ、その頃の実話なのでは?

  A,・・・・・・
    その話は、事実かも知れない(汗)
    けど、かなり物語にしてますよ!
    誰が何と言っても
    僕は恋愛小説家ですから(きっぱり)

 Q7,上手く話を誤魔化しましたね(笑)
    で、進路はどうしたのですか?

  A,旅行の関係の専門学校に行きましたよ。
    当時、大学に行こうと思ってたんだけどね
    詳しい話は、次回や以前書いた
    短編『ターニングポイント』でも読んでもらって(笑)
    
 Q8,そう言えば、通っていた学校が統廃合になったとか

  A,そうなんだ。今年の春でね。
    母校が無くなるのは寂しいものだね。
    卒業して、一度も母校を訪れる事はなかったけど
    この間かな、学校の前を通ったら
    まだ、校舎やグランドが残っていて
    誰もいない、桜並木を歩きながら
    『なんか、やり残した事があるんじゃないかって・・・』
    思ったよ。    
    
 Q1,音楽の出会いを教えてください

  A,まぁ、大それたものでもないけど
    ギターを初めて手にしたのが高1のときだね
    友人がいらないって言ったのを
    安く譲って貰ったんだ。
    (確か20000円だったかな?)
    今も押入れの隅で、眠っているけど
    これだけは、夢の欠片として捨てられないな。

 Q2,その頃バンドを始めたと?

  A,まぁ、カッコいい物でもなんでもないけど
    下手くそなバンドでね(笑)
    同級生数名と名だけの戯言をしていたよ
 
 Q3,ボーカルだったとか?

  A,唄が下手なのにね(笑)
    どちらかと言えば途中で、
    やるよりも曲を作ったり詩を書いたりするのが
    面白くなって、他のバンドとかに曲を提供していたな
    譜面は何処かに行ってしまったんだけど
    今もその頃の、詩の破片は自宅に残っているんだよね。

 Q4,影響を受けたアーティストは?

  A,その頃は何でも聴いたな、
    洋楽だろうと邦楽だろうとアイドルの歌だろうと(笑)
    でもその中で、
    やっぱり『浜省』さんは一番影響を受けたのは事実だね
    ‘J・BOY’の中の『AMERICA』を
    初めて聞いたとき、あっ俺も
    こんな歌を作りたいと思ったもんね
    今も昔も僕の憧れでもあり先生だよね(笑)

 Q5,その頃、作った歌はどのような曲だったのですか?

  A,甘いバラード!!
    アハハハハハハ~~~~~
    なんて、幼稚で内容も心も無い、恥ずかしい歌ですよ。
  
 Q6,好きな女の子を思い浮かべてとか?(笑)
  
  A,正解!(笑)
    そもそも、バンドをやるとか言うのは
    女の子に持てたいからさぁ~
    うん、動機が不純でも可愛いものだろう?
    もう少し、根性と才能があれば
    もっと、やりたかったな・・・・・・・・・・

 Q7,その頃の歌を紹介してくださいよ!

  A,人に見せられるものでもないから(苦笑い)
    でも、今も無垢で夢を追いかけていた
    その頃の作品は、誰がなんと言われようと
    僕の宝物ですよ!
 
 Q1,高校生の頃の話を聞かせてください。

  A,普通の高校生だったと思うよ、
    普通に女の子に、声を掛けたりしていて(笑)

 Q2,高校はどのような学校だったのですか?

  A,自由奔放な学校だったな、先生も服装も
    髪型もそんなにうるさくなく、のんびり過ごせたよ、
    上下関係もなく、楽しかったよ、
    で、当時は短いスカートの制服の
    女の子もいなくって(笑)今の高校生の
    格好がわからないけどさぁ(苦笑い)

 Q3,何となく解ります・・・・・

  A,うん、まぁファッションって部分で解るんだけど
    おじさんだよね?でも自分の彼女が自転車に乗っているとき
    パンツ丸見えでいたらやっぱり嫌だよなぁ~

 Q4,確かに(笑)

  A,車の運転している時もあの娘(女子高生)
    見えちまうよって!思うときあるもんね
    電車でも、痴漢をする奴は最低だと思うけど
    あんな短いスカートをしてたらねぇ~
    触りたくもあるだろう?
    触る奴も犯罪だと思うけど、そういう格好もなぁ、
    うん、話がそれちゃったけど(苦笑い)・・・・
    まぁ、当時は、皆ロング・スカートだったから
    今でも違和感があるだけかもしれないけど(笑)

 Q5,部活には入らなかったのですか?

  A,うん、何も入らなかった。先輩がバレー部にいて
    部室まで連れ込まれたけど入らなかった(笑)
    野球もね、坊主になるが嫌だしね
    可愛い先輩がいた‘バトミントン’部には
    心が傾いたけどね。

 Q6,アルバイトをしていたとか?

  A,そうだねぇ、取り敢えずは母子家庭だったから(苦笑い)
    西武球場の売り子からスーパーのカゴの片付け、
    ガソリンスタンドのにぃちゃん・・・・
    色々やってねぇ~

 Q7,西武球場の売り子とは?
 
  A,狭山茶を売っていたんだよ!
    あそこの球場は、上り坂が多いからきついんだよ!
    でも、楽しかったけどね
    当時、高校1年生の時で、球場も満杯の頃だった頃で
    野球はタダで観れて、芸能人に遭遇したりしてさぁ

 Q8,誰と遭遇したのですか?

  A,相撲の『若島津』当時大関で、人気があった・・・
    知らない?高田みづえの旦那さん(笑)
    カッコよくてさぁ、低い声で
    『にぃちゃん、ウロン茶くれ』
    いちよう、メインは‘狭山茶’だから
    美味しい狭山茶は如何ですか?って聞いたんだけどなぁ
    笑っていたよ。

 Q9,面白い体験でしたね(笑)

  A,まぁ、そのバイトの思い出は、
    まだまだ、たくさんあるんだけど
    そのうちね、『Hisotory』と
    関係ないときにでも書くよ。
    夏だったかな『ハンドドック』のコンサートも
    観れて良い想い出だなぁ。    
    
  
 Q1,中学校が荒れていたのは、本当ですか?
 
  A,スクール・ウォーズの影響で荒れていたかな(笑)
    BE-BOP(ビーバップハイスクール)世代だからね
    俺?不良じゃないって(笑)
    まぁ、なかにはグレテどうしょうもない奴もいたけど
    何処の学校ともそんなに変わらないんじゃないかな?
    ただ・・・

 Q2,ただ?

  A,女の子のイジメでテレビに報道された学校だけどね(苦笑い)

 Q3,本当ですか・・・

  A,うん、かなりひどいことをしたみたいだ。
    ひとりの子を複数で、
    他校の子を巻き込んでひどいことをしたみたいなんだよね~
    いじめた子は、少年院に行ったみたいだで、
    この間の同窓会に、顔を出していてびっくりしたけどね
    やっぱり馬鹿げた事件だよね
    被害者の子は、その後転校をしてしまい
    今も何処にいるのか・・・
    20年も前の事件だけど、みんな忘れてないもんな
    俺との接点が彼女達とは一度もないから
    詳しい事は、あまり判らないんだけどね。

 Q4,弱いものイジメをしなかった?

  A,ホントだよ、うそ臭いかもしれないけど
    そういうものには、一切しなかった。
    自分がやられて嫌なことは、しなかったな。
    むしろ、俺の相手は先生だった。 
 
 Q5,先生との関係は?
  
  A,小学校の時があるから、
    最初はどの先生に対しても構えていた。
    先生と聞くだけで‘反抗心’丸出しの眼をしていてね
    同級生と揉めないけど先生と揉める厄介な生徒だったよ(笑)
    まぁ、その中でも
    中3の時の担任の先生は、‘恩師’と言える人だったな
    ちゃんとひとりの‘生徒’として扱ってくれてね
    個人を尊重するって言うのかな?
    この先生なら信じられるって言う人だったよ。
    そうそう、この間の同窓会にも来ていて、
    今ではある学校の校長先生なんだ。
    
 Q6,受験とかどうだったのですか?

  A,まったく出来なかったから、勉強は!!
    教科(先生)によっては、まったく駄目だったりでね
    うん、自分が興味を持ったり、好きのものだけ勉強するって     
    社会科だけは成績が良かったのだよ。
    今思うと満遍なく勉強しとけば良かったと思うんだけどね
    通信簿にも『やれば出来るのにやろうとしない・・・』
    って毎年書かれていたな(苦笑い)
   
 
 Q7,進学は?

  A,かろうじて、近くの都立の高校に行けたよ!

 Q8,最後に、中学での思い出は?

  A,なんだろう?(笑)
    やっぱり、修学旅行(京都・奈良)かな?
    修学旅行に一緒に映っている仲間は、
    今でも飲み仲間だしネ!
        
    
    
    
    
    
 
 
 Q1,中学校の時の恋愛はどうだったのですか?

  A,うん~,ボチボチだね。
    まぁ,そんなにモテた訳でもないけど。

 Q2,当時から口が上手かったとか・・・

  A,アハハハハハハ・・・。
    まぁ、女の子を気を引くのに躍起にはなっていたけど(笑)
    でも、その頃は口下手だったんだぜ!
    好きな子には、振られていたよ。うそ臭い?

 Q3,この間の同窓会で、謝らされていましたね。

  A,そうなんだよ(苦笑い)3人の同級生の子に詰め寄られてさぁ~
    『ホントは誰々が好きだったのよ!』ってね。
 
 Q4,最低ですよ!その中に本命はいたのですか?

  A,いたのかなぁ(笑)ワハハハハハ。。。。
    そのうちのひとりは、お互いクラスが別々でね、    
    仲が良かったのだよ、でも色々とさぁ~
    タイミングって言うのかな?恋愛は!!
    誰々と付き合ってるとか、誰々が好きだとかの噂が合って
    (それが本当だったり、噂だったり・・・・・)
    結局駄目だったなぁ~。

 Q5,そうそう、例の先輩とは?

  A,バレー部で一緒で、学年はひとつ上の先輩だった。
    ホント可愛い先輩でさぁ~~~
    人気があって、当時の‘伊藤麻衣子’に似ていたな。
    ホントだよ!!

 Q6,どっちから声をかけたのですか?

  A,当時のバレー部は、男女共に仲が良かったのだよ。
    仲介の子を通して手紙を貰ったんだ。
    『好きな子がいるの?』なんて書かれていたな。

 Q7,それから付き合いが始まったのですか?

  A,そうだね、もうひとり同じ部で付き合っている奴がいて
    グループ交際みたいな感じで始まったんだ。

 Q8,デートとかは?
  
  A,アハハハハ~~~。デートらしいデートはないんだよね(笑)
    帰り道、一緒に帰ったりとか公園で話すとかね
    清く美しい交際だったよ(笑)そんな感じだったなぁ。
    今ならメールとか携帯で話す事が一杯あったんだろうけど・・・

 Q9,で、結局・・・・・

  A,自然消滅みたいな感じだよね、だんだん俺の方が
    手紙を出さなくなり、彼女も部を引退して
    塾に通うようになったりしてね、
    だんだん逢えなくなって、やっぱり同じクラスや
    同じ学年じゃなかったしね、今思うと残念な想い出だよね!
    結局『春になったら映画を見に行こう』の約束は
    守れなかったなぁ。

Q10,それにしても、ませていましたね(笑)

  A,ワハハハハハハハハハ・・・・・
    小2で‘初恋’、中2で‘恋’だもんね。
    で、今もテレビで‘伊藤麻衣子’を見ると
    ‘ふっと’彼女を思い出すんだよね!
    


    
    
    
    
    
 
 Q1,中学校の頃の話を聞かせてください。

  A,うん、例の‘その人’がまだ家にいたから
    目の前が真っ暗でさぁ~どうしょうもない絶望感にいたな。

 Q2,野球部に入れなかったとか?

  A,そうなんだよ‘その’バカ親父のせいでね!
    俺が野球部入ろうとしたら『大反対』しやがって
    俺の持っていたグローブ、バットを勝手に捨てやがって
    バットにいったては、折ったりしやがってさぁ~
    目茶目茶な人だよね?
    俺が何かをするのが気にいらなかったみたいだった。
    で、泣く泣く断念してしまったのだよ。

 Q3,ひどい話ですね・・・
 
  A,あと、髪型も‘スポーツ刈り’にしなきゃ駄目とかさぁ~
    わけ解らないだろう?
    俺は、当時から『カッコマン』だったから嫌でさぁ(笑)
    入学式の写真がかっこ悪くて、いまだまともに見れないよ!
    
 Q4,・・・・・

  A,ただ、中1の一学期かな‘その’人が
    家を出て行ってくれて、俺にとっては
    目の前のたんこぶが消えたと言ってもいいかな~
    それからだな、生活態度はだらしなくなったが
    明るくなったのは!
 
 Q5,バレー部に入ったとか?

  A,そう、2学期からね!
    部員も少なかったし一番入りやすかった・・・
    何でもいいからスポーツをしたかったのだよ。

 Q6,途中から野球部に入れなかったのですか?

  A,それは難しかった・・・・・
    やはり、先輩の目とかが合ったしね
    何より同級生が一生懸命‘球拾い’をしている姿を
    見れば入れないよね。

 Q7,で、断念した・・・

  A,泣く泣くね~~~ただ、中学校の校庭をみると
    やっぱりね、なんかやり残した事があるんじゃないかと
    思うよ。

 Q8,バレー部ではどうだったのですか?

  A,楽しかったよ!変な上下関係もなかったしね。
    練習?風が吹いたら現れるみたいな・・・よくサボったな(笑) 
    まず、朝練や外での練習はサボっていたな。
    女子との合同練習やハーフコートの時だけ
    現れるみたいな奴だったよ。
 
 Q9,何となく解るような気がします・・・ 

  A,まぁ、レギュラーじゃなかったし
    不真面目な俺だったけど楽しめたよ!

Q10,当時、ひとつ上の先輩と付き合っていたとか?

  A,誰に聞いたの?(苦笑い)
    その辺の話は、次回という事で・・・・・・・
          
    
        
 Q1,5、6年生頃の話を聞かせてください。

  A,辛く思い出したくない日々だった・・・・
    消しても消せない思いが心に残っているんだ。

 Q2,何かあったのですか?

  A,うん~~~その頃家ではね、母が再婚してさ
    まぁ、よくある話なんだけど義理の‘その人’が家に来たわけだよ。
    ・・・最悪だったな、酔えば殴る、目つきが悪いって殴られる
    書き上げられないぐらい真っ暗な家だったな。
    まるでなんかのドラマみたいだった・・・
    うん、これ以上は語りたくないな。 
    そんな人でも、下の弟との本当の父親だからさ
    弟とは、11歳離れているんだけどね。

 Q3,その頃の学校は楽しかったですか?

  A,それがさぁ~最悪だったのだよ(苦笑い)
    
 Q4,イジメにあっていたのですか?

  A,いいや、担任の先生と多いに揉めていた。
    メチャメチャ嫌われていたのだよ。

 Q5,原因は?
 
  A,ある生徒と比較して、こっちは‘誉める’こっちは‘けなす’
    みたいな事をしたんだよね。先生はある部分『平等』だろう?
    で、頭に来たから『贔屓だ!!』って言ってやったんだよ。
    それからだな、2年間の戦いが始まったのは!

 Q6,それにしても、随分思い切った事を言いましたね!

  A,随分ひどい事をされたからな、我慢の限界を超えてしまったのだよ。
    2年間最後まで、屈しないで戦い続けたよ。
    
 Q7,どんな事をされたのですか?

  A,自分で毎日書いている『新聞』に意味も無く俺を叩いたり、
    いくらテストでいい点を取っても×だったり
    何よりも、PTAとかで(俺の親はまず出席できない)
    クラスに悪い奴がいると名指しで俺を悪者にした事が許せなかった。

 Q8,ひどいですね・・・・・・

  A,本当の話だからな・・・本当は、本名を公表して叩いてやりたいけど    
    それをやってしまったら‘その’先生と
    同じ人間になってしまうから・・・

 Q9,・・・・・・

  A,そうそう、卒業式の時にさ、卒業証書を貰う時があるじゃない?
    俺の番のとき、名前を呼ばれても返事をしなかったんだよね(笑)
    2回3回呼ばれても無視してね!
    勝手に校長の前に行って証書を貰ったのだよ。

Q10,アハハハハハ。

  A,まぁ、俺にとっては‘その’先生に対する
    可愛い最後の抵抗だよな。   
    
    



 
    
    
   
 Q1,結局『川越』の小学校はいつまで?

  A,3年生の一学期まで、夏休みになって直ぐ引越したからさぁ~
    もうひとり、転校する女の子がいて
    クラスのみんなが、俺たちを
    校門の前の所まで見送ってくれたのを
    覚えているよ。

 Q2,それで、今の街に?

  A,そうだね、移り住んで26年ぐらい経つのか、もっとかな?

 Q3,当時、凄く緊張して挨拶したとか?

  A,そりゃ、緊張するよ!
    転校生でなければ判らないよ。
    小学校3年生になれば、いろんな事が少しずつ解ってくるし
    それが、恥ずかしさであったり自分が男であることがね。
 
 Q4,イジメとかは平気だったのですか?

  A,死にたくなるようなイジメはなかったな。
    ただ、一部の人からは
    片親であり、自分の家が商売をしている事に
    好奇心な変な眼で、見られていたけどな。

 Q5,よくグレませんでしたね?
   
  A,小学校ぐらいじゃ、まだ早いだろう?(苦笑い)
    3年生になって、直ぐ野球を始めたし、
    なんせ、『B型』だからね
    好きになると熱くなるんだよね~
    後は、何も見れない!!って感じで、
    何よりも純粋だったよ。    
    ‘熱しやすく冷めやすい’典型的な俺だけど
    野球だけは、毎日していたな。 
 
 Q6,野球選手になるのが夢だったとか?

  A,そうなんだよ(笑)当時は、本当になれると思っていた。
    小学校で、野球選手(ドラ1位で、ハム入り!)
    中学校で、アイドル歌手(俊ちゃんみたいにネ・・嘘だよ!)
    高校で、ロック・アーティスト(浜省さんみたいに)
    専門学校で、旅をしながら‘物書き’になりたかったな
    どれも、手にはできなっかたけど・・・・・

 Q7,話はそれますが、今の夢は?

  A,何だろうな?自由になれれば、アメリカにでも行って
    昔、描いていた夢にチャレンジしたいなぁ~うん。         
 
Q8,ひとりで?

  A,夢だからね・・・・・・・・
    


    
  
 Q1,小学校の頃の話を聞かせてください?

  A,実は、2回ほど転校をしている。
    入学をしたのが、埼玉の『狭山』の小学校で、
    1学期だけで転校してね~
    まったく、その時の事を覚えていない。
    写真も残っていなし、どんな先生だったのか・・・
    たぶん、あわだしく転校したから
    みんなに‘さよなら’の挨拶もしなかったはずだよ。
  
  Q2,次の小学校は?
  
  A,『川越』の小学校。
    家から遠くってさぁ、30~40分ぐらい歩いて
    通っていたのを覚えている。
 
  Q3,その時の‘初恋’の話は本当ですか?

  A,ホントだよ!詳しくは
    『‘初恋’MY FIRST LOVE』で
    書いた通り。名前は『メグミ』ちゃん。

  Q4,夢で出てきたとか?
  
  A,そうなんだよ、やっぱりどこかで気にしていたのかな?
    虫の知らせか、それともお嫁さんになったのか、
    遠い所へ行ってしまったのか・・・・
    神様の気まぐれか、わからないけど不思議な夢だった。

  Q5,その時のエピソードはありますか?
    
  A,何かで、‘ふたり’で遊んでいたんだよね
    そしたら、彼女いきなり・・・・
    『私の事好きでしょ?』って言ってきてさぁ~
    俺は、顔を真っ赤にしながら
    『お前の事なんか好きじゃない』って言ってしまったんだよね~~
    ・・・・・しばらくは口を利いてくれなかったなぁ(苦笑い)
   今でも、好きな人には違う事を言って
    誤解をされるのは、この頃からだから変わっていないよなぁ~
    30年近く経っても(苦笑い)

  Q6,もう一度、逢いたいですか?

  A,逢わない方がいいんじゃないかな?
    逢うとがっかりしたって、話をよく聞くし
    俺にとっては、‘初恋’でも彼女にとっては、
    違うかもしれないし・・・・
    でも、幸せで暮らしていて欲しいようなぁ。


    
   
        
 
 Q1,生年月日は?

  A,1969年11月20日 さそり座かな?

 Q2,生まれは?

  A,東京都杉並区荻窪病院。母からそこで生まれたと聞いている。

 Q3,血液型は?

  A,B型。誰だ、今笑ったの!!(笑)
 
 Q4,家族、兄弟は?

  A,母と妹と弟。
    
 Q5,お父さんは?

  A,小学校1年のとき、両親が離婚してね・・・
    それから、別れて以来逢っていない。

 Q6,逢いたくはないのですか?
 
  A,父には父の生活があるだろう。
    新しい生活を送っていれば、逢わない方がいいと思っている。
    それに、小さいときから、もう父はいないと思って生活をしてきた。

 Q7,・・・・・

  A,そんなに、複雑な思いでもないよ!
    人それぞれ人生があるように
    たまたま、俺には父がいなかっただけだ。

             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。