上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.20 とんび
  1月20日 (日)

日曜日午後21時よりTBSで放送されている

「とんび」を観てます。

主演‘内野聖陽’
不器用ながら昭和時代の中、1人息子との絆を描いている作品。

時代的には僕の子供の頃の話ですね
思いっきりの良い演技をする内野君の父親像が印象的で
脇を固める柄本明が住職の役で味わい深く熱演。
他に見間違いじゃなければ野村宏伸君も出ている。
麻生裕未も出ているから
トシちゃんが出ていた‘教師びんびん物語’を思い出します。
覚えている人いるかな?

残念なのが不慮の事故で亡くなる
お母さん役の‘ときわっち’(常盤貴子)が
1話で亡くなること。
でも、相変わらず彼女は綺麗だ。
(笑)

最近は連続ドラマは観てなかったけど
このドラマはお勧めかな。
毎週21時には家にいないと!

息子役の子役をしている少年
名前は知らないけど良い演技しているなぁ。
スポンサーサイト
2011.11.13 五日市物語
  11月13日 (日)

筋肉痛の‘RYU’です。

先ほどソフトボール大会を終えて帰ってきました。
歳を取りたくないないですね
試合中、試合後、身体の痛みを覚えています。

誰か優しい人のマッサージを募集中です。
(笑)

さて、昨日はある地域の産業祭に参加しました。
で、そこに来ていた映画PRに

五日市物語予告編

エンクミこと‘遠藤久美子'さんが来てました。

いやぁ、まじかで見ましたが綺麗でした!
10代の頃、確か美少女でショートカットで人気がありましたよね
年齢を重ねて今は33歳だそうですが
昔よりも今の方が可愛く綺麗だったなぁ・・・

僕の住む街の隣町ですが
あきる野市、市制15周年記念で作られた『五日市物語』
見た所、歩いた所が映像で映っています。
身近に感じる映画です、映像だけでも宜しければ見てね!

五日市物語
    7月12日 (月)

前代未聞の不祥事により大相撲NHK放映がない
雨の選挙日の中、日曜日に

『踊る大捜査線3』を観てきました。

踊る大捜査線3予告

実に7年ぶりですね
いやぁ~~待ち待った踊る3です。

あらすじをチョイ紹介すると
係長に昇進した青島刑事(織田裕二)は、
出世直後に殺人事件・爆弾魔・バスジャック・強盗など、
8つの難事件に直面し、大暴れを起す?
2004年に逝去した故いかりや長介が演じた和久さんは、
病死した設定となっている。

お勧め度二重丸です。
劇場では若いカップルから年配の方までこの映画を観ていました。
みんながこのシリーズを待っていたのですね
願わくはテレビシリーズに戻ってきて欲しい物です。

そうそう、ちょっと悲しかったのは
織田君が僕同様老けたなぁ~が感想です。
(爆)
2009.03.22 ヤッターマン
      3月22日 (日)

3連休でしたね~
みなさんは如何、お過ごしですが?
桜が今日咲いたと言うニュースを聞き付け
春だなぁって感じますね。。。

さて、そんな春を感じる今日この頃
今春劇場公開、人気ナンバーワンの『ヤッターマン』を観て来ました。

ヤッターマン予告編

1970年代のタツノコプロ製作の同名人気アニメを実写映画化。
タイトルロールのヤッターマン1号に櫻井翔、2号に福田沙紀が演じ
ライバルのドロンジョに深田恭子。
4つ揃うとなんでも願いが叶うというドクロストーンめぐる、
ヤッターマンとドロンジョ率いるドロンボー一味との戦いを描く・・・・・・・

いやぁ~~面白かった。
当時、アニメーを観ていたのが小学生の頃ね
そのままのストーリーを実写版で再現してくれています。
今の時代だから、上手くCG技術も伝わりますね~
ヤッターマン1号の桜井君も、彼だから似合っているかも!

そして、興味1番ありだったのが
我らが‘ドロンジョ様’を演じる深田恭子ちゃんの衣装だね
あのセクシー衣装はグットかも!
(良くぞあの衣装を着ました!!)
その格好を是非劇場へ見に行くべし!!
(笑)

行かないと?

『ママより、怖いお仕置きだベェ~~!』

天才ドロンボー
    12月20日 (土)

いやぁ~何度も言ってますが
‘しっそう’と読んで『師走』だね~
(笑)
忙しい中、みなさん体調等大丈夫ですか?

そんな忙しい中でも
たまには生き抜きにDVDで映画なんぞ観たいよね~
で、今回観た映画が

『最高の人生の見つけ方』 2007年作品

余命6ヶ月を宣告された二人の男(ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン)が、
死ぬ前にやり残したことを実現するために・・・

自動車整備工のカーター(モーガンフリーマン)と
実業家で大金持ちのエドワード(ジャックニコルソン)が
入院先の病院で相部屋となる。
2人には何の共通点もなく、
共に余命半年の末期ガンであることが判明し、
カーターが死ぬ前にやっておきたいことをメモした
“棺おけリスト”を見つけたエドワードはリストの実行を持ちかける。
2人は周囲の反対を押し切って冒険の旅に出るのだった。

お勧め度は◎である。
誰もが死ぬ前にやりたい事、悔いのない事をやりたいはずである。

映画のように、死ぬ前に世界への旅へ行けるなんて
羨ましいと思えたよ
エジプトのピラミッドの頭上からの風景なんて死ぬ前に見てみたいもんね

うん、‘棺おけリスト’の中に、
『世界の美女とキスをする』って書いてあったけど
僕なら・・・・・『日本の美女とキスをする』だな!!
相手は?
たくさんいるから~~~~~是非死ぬ前に叶えたい夢だな!
(爆)
2008.08.27 ホリデイ
 8月27日 (水)

すっきりしない日が続いていますね
オリンピックが終わったら
急に夏の終わりみたいな気温です。
ちょっと寒いかな?

‘人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある’

このキャッチコピーを見て
久々に映画を借りてきて観ました。
2006年作『ホリデイ』

恋に破れた2人の女性同士が、
家や車を交換する“ホーム・エクスチェンジ”を試み、
人生を開花させていくラブストーリー。
主演は『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのキャメロン・ディアスと
『タイタニック』のケイト・ウィンスレット。
相手役には、ジュード・ロウとジャック・ブラックも出ております。

お勧めの映画ですね~
たまに、こう言うラブストーリーに浸かるのも良い。
お勧め度◎!!

ふたりの魅力の女優さんが出ていますが
どっちも魅力的だね~~
僕ならどっちの女優さんに恋するでしょうか?
アハハハハハ。。。
       7月27日 (日)

久し振りに映画館で映画を観ました。
井上真央ちゃん主演の
『花より男子ファイナル』

神尾葉子のベストセラー・コミックを原作に、
貧乏なヒロイン(井上真央)と
財閥の御曹司(松本潤)の恋愛模様が
コミカルに繰り広げられる大ヒットテレビドラマを映画化。
映画版では、「花より男子2~リターンズ~」から4年後を舞台に、
結婚を控えた道明寺とつくしに降りかかるトラブルを描く。
主原作にはない映画ならではのオリジナルな展開と、
ラスベガスや香港・無人島を駆け巡る壮大なスケールのストーリー。

ドラマ版を観ないで、まったくの情報ゼロ状態で観ましたが
‘F4’って何?
(笑)
でも、面白かった・・・

ドラマの『ありえねぇ~つうの!』の世界が妙に心地良く
松本(道明寺)君の‘俺様’の現実離れで面白かった。
ドラマ版を観てる人には必至の映画だね
観てなかった人にもお勧め○。

出来れば、
一緒にカップルデートで観るのにお勧めだね!
(笑)
    6月21日 (土)

この時期は、雨が降ってもジメッと蒸し暑い日が続きますね
日中も蒸し暑く、既にクーラーを点けた人もいるのでは?
あたしゃ~毎年言っているが
夏が1番嫌いなんよ
(笑)

そんな日中の蒸し暑い中
片手にアイスコーヒーを持ちながら
お勧めするビデオが『スパイダマン3』

アメコミ界の老舗、マーヴェル・コミックスから
生まれた人気シリーズ「スパイダーマン」を実写化した劇場版第3弾。
スパイダーマンことピーター・パーカーを‘トビー・マグワイア’が続投し
前回同様のスタッフが脇を占める、2007年作品。

物語は、前作から観てないとキツイものがあるが・・・・・
目の前に新たに現れる3人の敵。
ピーター(トビー・マグワイア)の伯父を殺した
真犯人であるマルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が変異したサンドマン。
スパイダーマンを父の仇と信じる
親友のハリー(ジェームズ・フランコ)の変異であるニュー・ゴブリン。
そしてピーターにライバル心を抱く
同僚のエディ(トファー・グレイス)は
ヴェノムと化しスパイダーマンに襲いかかる。

感想は相変わらずスケールの大きい映画である。
このような映像はアメリカの映画でしか作れないと思う。
大抵、実写版というとはずれが多いのだが
このシリーズは毎回観ている。お勧め度は◎!
    6月8日 (日)

『本当に無実でも、無罪になるとは限らない。』

痴漢冤罪を切り口に、
日本の裁判制度の現状を暴く社会派エンターテイメント
『それでも僕はやっていない』を観ました。

観終わって、重いサスペンスだなぁ~~がまずの感想。
2007年作品。主演(加瀬亮)

大事な就職の面接を控えた日の朝、
大勢の通勤客に混じって
満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを
痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平(加瀬亮)。
連行された警察署で容疑を否認すると、
そのまま拘留される。
その後も一貫して無実を主張するものの、
結局は起訴される事に・・・・・・
徹平の無実を信じる母や友人・達雄の依頼で弁護士の(役所広司)
新米の(瀬戸朝香)の二人の弁護士が徹平の弁護を引き受け、
いよいよ長い裁判が始まる…。

満員電車に乗ったりする人にとっては笑えない映画だ。
いつ僕にでもこの手の事件に巻き込まれる恐れがある。

ついこの間も、満員電車に乗ったときに
やはり僕なんかでも側に女性がいたりすると
なるべく誤解を避けるべく手を上にやったり大変なんだよね
この間なんかさぁ~~、キッと睨む女性がいて推定30台のOL?

『お前なんか触らねよ!!』 と心でつぶやいたよね(笑)

映画の中で、痴漢を認めれば‘釈放’と警察とのやり取りが合ったけど
中には無実でも認めた人がいるんだろうなぁって思ってしまったね
もちろん逆に卑劣な最低な痴漢も多くいるのが現実だ・・・・・

『本当に無実でも無罪になる保証はどこにもない!』 

そう考えると正義などどこにも無いのでは?
裁判制度にも疑問符が付く お勧め度◎!!
2008.05.04 アビエイター
     5月4日 (日)

GW如何お過ごしですか?
ニュースなんぞ見ていると
高速道路・行楽地は大変混んでいますね
みなさんはどこかへ出かけていますか?
暇な人は?
うん、そんな時こそDVD鑑賞だよね!
(笑)

そんなお勧めの作品が
2004年作品『アビエイター』 主演はレオ様です。

物語は、若くして亡き父の莫大な遺産を相続し
大富豪となったハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)
21歳の時に、その莫大な財産を使い、
航空アクション映画「地獄の天使」を作った。
細部にまでこだわる完璧主義者のハワードは、
理想的な雲が出るまで数ヶ月も待つ徹底ぶり。
やっとのことで映画を完成させると空前の大ヒットを記録。
その後、女優のキャサリン・ヘプバーン(ケイト・ブランシェット)と
出会い恋に落ちる。
ハリウッドで成功を収めた彼は、
次に新型飛行機を作り、世界最速記録に挑む・・・・・・

168分、長さが災いに思えるが
こういう実話の映画は好きだ。
レオ様の迫真の演技に、古き良きアメリカの時代がマッチしている。
夢を追う姿は、言葉はいらない物だ。
お勧め度○。
    4月10日 (木)

運命の休暇をあなたに
最高の恋とワインを添えて・・・・・

キャッチフレーズに書かれていた言葉
『プロヴァンスの贈りもの』を観ました。
主演‘ラッセルクロウ’相手役に‘マリオン・コティヤール’
ラブストーリーの映画です。

あらすじは・・・
ロンドンの敏腕トレーダー(ラッセルクロウ)が、
亡きおじさんが遺したシャトー&ワイン畑を相続することに。
手続きのためプロヴァンス(フランス)を訪れた彼は
ひょんなことから足止めを食い、
そこで魅力的な女性に出会う――。

フランスの地での景色が本当に綺麗です。
観てるだけで、その地での休息をしたくなるような美しさです。
僕もこのような地で素敵な女性と出会い
休息をしたいものです。
(爆)

そう、こういう映画を観ていると
恋したくなる。
そんな人にお勧めかな?
お勧め度○かな!
(笑)
2008.03.08 涙そうそう
   3月8日 (土)

いよいよ、明日はQちゃんこと
高橋尚子選手が走る名古屋国際マラソンが行われますね!
言わずと知れた‘北京オリンピック’をかけた選考レースです。
(残り一枠と言われている)
そう、もしかしたら彼女にとって最後のレースになるかも知れません。
思えば、シドニーオリンピックの感動の金メダルから8年・・・・・
時の流れは早く感じます。
彼女の歳は35歳?まだまだ・・・・・・

明日のレース復活を信じている。


さて、今日は『涙そうそう』を観ました。
長澤まさみちゃん、妻夫木聡主演の大ヒット映画。

今も思い出して僕は泣いています。
可哀相で可哀相で・・・・・
そう僕はこの手の涙物の映画に弱いのです。
(苦笑い)

作品は、血の繋がらない兄弟
沖縄で育った2人の兄妹の、大きな愛の物語。

テレビでも放映されていましたね
観た人は多いと思う。
長澤まさみちゃんの可愛さに
感動も覚えたが

『にいーにいー』 の声が

今も耳に残っています。

また、何度も見ても良い映画だと思う。
長澤まさみちゃん主演の映画の中では
この映画が一番では?
お勧め度◎!!
     2月23日 (土)

突風が吹きあふれる中
『RYU ROAD』を書いています。
関東地方は‘春一番’でしたね~~
夕方ですが家が物凄く揺れる風の強い一日でした。
その中、短いスカートを履いていた
女の子は大丈夫だったかな?
(笑)

さて今日は『ニューヨークの恋人』を観ました。
2001年の作品、僕の好きなラブ&コメディー。

舞台はニューヨーク。
1876年のニューヨークの
貴族のレオポルド公爵(ヒュー・ジャックマン)は、
挙動不審な怪しい男を追いかけていくうちに、
現代のニューヨークへとタイムスリップしてしまう。
歴史と文化の違いに戸惑っているところで、
キャリアウーマンのケイト(メグライアン)と出会う。

久々のラブロマンス観ていて楽しかった。
存分にメグライアンのキュートの笑顔にも触れられます。
こういう映画を観ていると
‘短編’を書きたくなるような
そして、恋をしたくなるような作品ですね。
お勧め度は◎です!!

そうそう、いい味を出していた‘ヒュー・ジャックマン’
女性を口説く、いい勉強になります。
(爆)
今の時代、手紙を書くことが少なくなったけど
反対に、本当の想いはこういう風に伝わるだろうなぁって
そんなことも考えましたね。
2008.02.09 日本沈没
   2月9日 (土)

今日も東京では雪が降りました。
今年これで5度目?
多くない?北の方々には申し訳ないけど
雪の当り年だねぇ~
四季を感じる日本ですが
こうもたくさん雪に降られるとね・・・・・
3連休が台無しだ(笑)

さて、そんな雪が降っている中
『日本沈没』を観ました。
主演、スマップの草なぎ君、柴咲コウちゃん。
松左京ベストセラー小説を
映画化した1973年作品『日本沈没』を
リメイクした2006年の作品。

作品は題名通り日本が沈没してしまう物語。
日本海溝直下の大規模な地殻変動により、
日本列島のほとんどが海中に沈没するという
驚愕の事態の中、生と死をさまよう衝撃が走る作品。

いつもこういう映画を観ると
後味の悪さと言うか考え込んでしまう事があるね。
随分前に見た『アルマゲドン』もそう思ったけど
恐怖と言うよりも自然の怖さを思い知られる。
今の日本でこういう事態になったらどうなるのだろう。
僕やみんながこういう事態に巻き込まれたら・・・

身近な人を助ける事が出来るだろうか?
困った人に手を差し伸べられるだろうか?
心から一番大切に思える人を助けられるか?

そして、生き残れるか・・・・・・

どうにもこうにも考えてしまうね。
作品は、そういう衝撃なシーンを上手く作り上げています。
お勧め度は、○かな?
雪で何もやる事のない人にはお勧め!!
     1月23日 (水)

映画館に行ってきました。
予告編を観た時に、
絶対この映画観たいと!
現在上映されている『アース』を観てきました。

製作5年、撮影日数のべ4500日
地球を股にかけた地球ロケ
地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー映画。

映像のスケールが凄い。
数々の動物が出てくるがその中でも
‘ザトウクジラ’親子の映像は見応えがありました。
その至近距離で映像が撮れたよなぁって感心するぐらい。

お勧め度と言われると○かな?
映画館で観る迫力は、一見の価値があると思う。
『この地球は誰のもの』と謳われていたが
答えが無いと思うのだが・・・・・・

ただ、この映画は
次世代を担う多くの子どもたちに
『アース』を観てもらいたいと、500円で観れます。
子供達がどのような感じでこの映画を捉えるかは判らないけど
そういう映画の姿勢には◎だな。
     11月24日 (土)

昨日放送されていた
『佐賀のがばいばあちゃん』を観ました。
島田洋七師匠の自伝。

本がメチャ売れましたね!
何でも400万部売れているとかで
(これだけ売れたら印税で喰っていけそうだな)←羨ましい。。。
読んだ人がいますか?

物語は、本当の話だと思うが疑わしい所もある。
(たけしいわく、洋七は大嘘つきだと言っている。)笑
幼少の頃の貧乏だったおばあちゃんとの物語である。

観ていて面白かったのが感想だ。
おばあちゃん役の‘吉行和子’さんの名演技が凄い!!
佐賀弁を遺憾なく使っている役どころは
物語を良さを惹きださせています。
お勧め度◎!!
DVD等であるかどうかは分かりませんが
心が温まる作品ですよ!!
2007.10.14 踊る大捜査線
     10月14日 (日)

昨夜は‘踊る大捜査線’観ましたか?
1,2と連夜放映されていましたね。
放映されてから10年経ったそうで
月日が流れるのは早いねぇ~~~
って事は?その頃僕は20代でした(笑)

それにしても、今観ても‘踊る大捜査’は、
見応えアリ良い映画ですね!
これだけの人気作を埋もれさせてゆくのは勿体無いですね
噂では、来年2008年に新作が始まるという噂もありますが
どうだろう?
和久(いかりや長介)さんのいない‘踊る大捜査’はどんな物語になるかな?
新作が待ちどうしくて堪らない~~~~!!
    9月16日 (日)

メントレG、観おえて書いています。
ゲストは今はときめく‘沢尻エリカ’さんでした。
うん、メチャ可愛いのですが
あの髪形はなぁ~~~~。。。
僕的には×(笑)

さて、今日は偶然にもその彼女が主演した映画を観ました。
山田詠美原作、昨年のちょうど今頃公開された。

『シュガー&スパイス ~風味絶佳~』

物語は僕の住む街に近い米軍基地のある‘福生’が舞台。
福生のガソリンスタンドで繰り広げられる18歳の男と、
少女が繰り広げるラブストーリーでした。

物語が自分の身近な場所で撮影された為
作品に見入れました。
たまにラブストリーの作品を観るのも良いですね
相手役の‘柳楽優弥’君のハニカンだ笑顔も魅力ですよ!

そう、沢尻ファン必至の映画ですね
あの顔で『好き?』って言われたら
断る野郎はいないよね?
お勧め度○以上かな?(笑)
2007.08.18 ラフ
    8月18日 (土)

そろそろ夏休みが終わりに近づいていますね
猛暑がチョッとだけ和らいでいる今日です。
みなさんは楽しい夏休みを体感しているかな?
何処かへ行ったかな?海や山とか
家族連れの人とか大変だね~
何処も人だかりだもんね。

そうそう、‘究極2択アンケート’
20人近い人が押してくれてますね

   ‘Thank you!!’

それにしても海のイメージの方が僕に合っているのかな?
って事は‘‘軟派’’ぽいのかな?
(爆)


さて、冗談はともかく
この時期、お勧めのレンタルの映画を!
『ラフ』を観ました。主演長澤まさみちゃんと
この映画初主演だった‘速水もこみち’君が出ております。

原作は読んだ人がいるかな?
そう名作『タッチ』や『みゆき』や『H2』を書き上げた
‘あだち充’先生であります。

ストーリーを紹介すると・・・

実家の和菓子屋が昔からライバル同士のため、
亜美(長澤まさみ)と圭介(速水もこみち)は犬猿の仲。
同じ高校に入学して水泳部に入部した2人は、
反発しあいながらも次第に引かれ合うようになる。
そんな亜美には、競泳日本記録保持者の恋人
弘樹(阿部力)がいて、
圭介と弘樹は水泳、恋のライバルとしてお互いを意識するようになる・・・

大抵の原作から実写版の映画にすると
はずれな映画が多いだけど
この映画僅か2時間弱の作品の枠の中で良く出来ております。
原作を高校生の頃から読んでいた者には
懐かしきもあり、良い青春映画ですね。
お勧め度、この夏観るなら◎です(笑)

長澤まさみちゃんの魅力満載の映画ですよ!
最後のセリフで『好きです、応答せよ』なんて言われたら
世の男性学生諸君は、みんな落とされるだろうな(笑)

そうそう、イケ面顔の‘速水もこみち’君は
あの顔は反則だな!!
チョッと嫉妬だ(爆)
    8月3日 (金)

蝉の声が朝からこだましております。
まぁ、うるさい!
今年は何でも蝉の大量発生だとか・・・
家の前では、アブラゼミ・ミンミンゼミの
大合唱が繰り広げられてます。
夏やなぁ~~~
(苦笑い)

さて、そんな夏本番の中
そろそろ夏休みの人もいるかな?
クーラー生活から離れられないよね!
そんな涼んだ部屋の中でお勧めの映画が
2002年公開された『戦場のピアニスト』

実話である。
1940年、ナチス(ドイツ)がポーランドへ侵攻した翌年
ユダヤ系ポーランド人で、ピアニストの‘シュピルマン’は
家族と共にゲットーへ移住する。
1942年にはシュピルマン一家を含む
大勢のユダヤ人が強制収容所へ送られることになる。
だが運命の悪戯か、シュピルマン一人が
収容所へ連れられる人々の列から外れ、
収容所送りを逃れることができた。
生きるも地獄、捕まるも地獄の日々が始まる…。

観た人はいるかな?僕はこの映画を観たのは2度目。
主演の‘エイドリアン・ブロディ’が好演しております。
最後のシーンでピアノを弾くシーンがあるんだけど
寂しそうな目から時代背景が何とも心に焼け付けます。

お勧めな映画、名作ですよ!!
   7月9日 (月)

2003年に放映された『さとうきび畑の唄』を
観た方はいらっしゃいますか?
主演、明石家さんま、黒木瞳。
ついこの間、思い出すかのように観ました。

何度観ても感動する切ない戦争の物語のドラマですね
さんまさんの兵隊役の名演技もありますが
とてもじゃないけど
沖縄での戦争の事はどうのこうの言えないよね?
今観ても戦争の悲惨さが伝わってきます。

このドラマや、戦争記を知らないのかどうかは判らないけど
某元大臣はいけない発言をしてましたよね
‘私でも沖縄を占領’発言や
最近では‘原爆投下はしょうがない’発言・・・

うん、辞任はしたけどこういう人たちに
国は守れるのかな?
ふっと、沖縄や戦争で亡くなった人達は報われないのでは?
そう思いました。

もしみんなの中で、戦争の悲惨さを伝えるのであれば
こういうドラマを見せて
語り継いで欲しいなぁと思います。
お勧め度◎!!
    6月4日 (月)

最近、プロレス&格闘技には
全然興味が沸かない中
‘桜庭’選手の試合を観ながら書いています。
何かこう、熱くなる様な思いがしない。
ホント、あれほど昔は興味があったのに・・・・


さて、久々に映画の話です。
巷では、ジョニーデップの話題の作品 
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」が
大人気ですね~~~~
観た人はいるかな?
誰かデートで一緒に観ようよ!!(笑)

その中、DVDで
主演中谷美紀の『嫌われ松子の一生』を観ました。

教師を首になりソープ嬢になったり人殺しまで・・・
ひとりの女性の波乱万丈の人生を
中谷美紀が好演しております。

なかなどうして、面白い映画でした。
いつもながら‘中谷美紀’は味わいのある演技をしますね!
(ソープ嬢の顔つきもキュトだ)笑
映画を観て、みんなはどう思うか判らないけど
僕はまた借りてきて観ても良いと思う映画だな
お勧め度◎だな(笑)

ただ、この映画の配役で僕が配役を演じるのならどれだろう?
みんなの声を聞きたい!
アハハハハハ~~~
もちろん‘ヒモ男’だろうな(爆)
   5月3日 (木)

朝から鳥達の鳴き声で目覚めた‘RYU’です。
山や川の自然の近くに住んでいるからね
スズメからウグイス、それから~~~分かんないや(笑)
朝の5時ぐらいから目覚まし時計のように起こされます。

さて、GW連休楽しんでますか?
みなさんは何処かへ遊びに行ってるかな?
その中、連休に入る前に
急に観たくなったのが84年TBSドラマで放映されていた
『スクールウォーズ』(DVD 1巻~9巻 )を一挙に観ました。
主演、山下真治、松村雄基や岡田奈々などが出ております。
物語は、落ちこぼれ(不良)の学校を
7年でラクビー部を全国優勝させたフィクションあり実話の物語。

当時(84年)観た人がいますか?
その頃、僕は中学3年生ぐらいでした(爆)
ホント、今観てもクサイ青春ドラマなのですが
(風景も時代背景も・・・)
僕は、不良の人間がスポーツに打ち込み
更生するような、熱いスポーツドラマが好きでね~~~
『スクールウォーズ』当時良く観てました。

そうね、多少のことを目をつぶても
(これはおかしいなぁ~とか!ありえないとか・・・・)
色々あるけど昔のドラマをたまには思い出したかのように
観るのも良いかもしれませんよ、お勧めですのドラマです。

で‘RYUさん’は当時スクールウォーズ並みの
不良だったのかって?
まぁ、顔は自称‘松村雄基’似だったな(爆)
イッソプだろう?いいやあれほど病弱ではなかったな~~
うん、森田(宮田恭男)キャプテンタイプだったかな?
えっ、配役や物語が判らないし、意味が判らない?
だから観てよ!!
アハハハハハハハハハ。。。
2007.04.19 ナイロビの蜂
    4月19日 (木)

‘はしか’が巷で流行っているみたいですね
みなさんは大丈夫ですか?
僕は‘おたふく’は掛かった事がないんだけど
確か子供の頃‘はしか’に掛かった記憶があるんだけど
大丈夫だろうか?
心配だ(笑)

さて、いまだ心がブルーで
少し引きつっている思いがあるんだけど
(みんなの優しいコメントありがとう!!)

その中、知人で毒舌の女性が
どうしても観ろと(苦笑い)
‘この映画は私の理想の夫婦像’と紹介された映画が
『ナイロビの蜂』を観ました。

冒険小説の大家、ジョン・ル・カレの原作を
『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督が映画化。妻の死をきっかけに慈善活動に
目を向けるようになった外交官が、
やがて国際的陰謀に巻き込まれていく様を、
雄大なアフリカ(ナイロビ)を舞台に描かれています。

感想?うん~~難しいなぁ~~~
観た人はいるかな?
感動よりも色んな事を考えさせられた映画でした。
なぜか心が痛んだ感じ(苦笑い)

僕のプログは圧倒的に女性が訪れてくれているのですが
男性で観た人はいるかな?

‘たどり着いたのは、妻の愛’。。。

そう、
とても浮気者で可愛い女の子には目がなく
真実の愛には、手に出来そうもない僕には重い映画ですが(笑)
お勧め度は○かな?
たまにはラブ・ストーリーの映画も良いですよ!!
     3月25日 (日)

北陸中心に大きな地震があったみたいですね
被害状況を把握してませんが
北陸方面に住む方々は大丈夫ですか?
何ひとつ手助けも出来ませんが
余震等十分に気を付けて下さいね。

映画『マジェスティック』を観ました。
ジム・キャリー主演のヒューマン映画、
監督はあの‘フランク・ダラボン’監督です。

映画の内容は、1951年ハリウッド、
新進映画脚本家ピーター(ジム・キャリー)は
共産主義者との疑いをかけられ
その直後、川底にピーターは事故を起こし行方不明になってしまう。
その事故が原因で記憶喪失になってしまった彼が
流れ着いた町で、戦争で行方不明になっていた英雄ルークに
そっくりであったため、みんなからルークと勘違いされてしまう。
その暖かい人々の中に、映画館を復興させ
最後は、感動のラストーシーン・・・・・・・・

この映画は、お勧め200%だね(笑)
僕の好きな映画10本に入るよ
この映画を観て、希望とは何か
勇気を持つ主人公の意味を知ってもらいたい映画ですね
この映画は何度観ても良い映画だと思うな。

それにしても‘フランク・ダラボン’監督は
素晴らしい作品を作りますね
『ショーシャンクの空に』・『グリーンマイル』
そしてこの『マジェスティック』
どの映画も感動を覚える作品ですね。
     3月3日 (土)

今日は、お雛様の日ですね~主役は女の子!
今日は完璧に男は脇役の日ですね。
女の子を持つ親御さんは‘雛人形’とかを飾るのかな?
ずっと、出しぱなしにしていると
『お嫁に行けなくなる』とかで・・・・・
もう、直ぐに閉まってしまったかな?(笑)
そうね、僕が親ならずっと出したままにして
『お嫁に行かせない』にしたりしてね!
アハハハハハハハ。。。

その中、今日は『この胸いっぱいの愛を』を観ました。
主演‘伊藤英明’初恋の女性に‘ミムラ’。
20年前にタイムスリップしてしまう
ラブストーリーの映画でした。
この映画のうたい文句?(笑)
『もし、人生でひとつだけやり直せることが出来るなら・・・』
そんな事を考えながら映画を観てました。
作品の出来の良さに、お勧め度◎かな?
僕的には、似ている作品の中で
『今、会いにゆきます』より良いと思うだけど・・・
どうだろう?
ストーリーは、みんなが観て何かを感じて欲しい映画ですね。

そんで、どうでも良いことなんだけど
脇役でチョイ出ている‘臼田あさ美’ちゃんが可愛かった(笑)
    2月9日 (金)

現在、東京AM11時40分位
今日も快晴です。
ホント暖冬ですね、
街角の梅が咲いてきました。
もうチョッとしたら桜も咲き
‘ホトトギス’も飛んできて春を迎えてきそうですね!
そんな季節を感じる中
僕も早く、恋も春よ来いって感じかな?(笑)


さて、この間『Mr.&Mrs. スミス』を観ました。
観た人はいますか?主演‘ブラッド・ピット’
相手役に‘アンジェリーナ・ジョリー’夫婦の競演ですね!

物語は、お互いに強烈に惹かれあって、電撃的に結婚した物も
結婚から6年たった今、マンネリ化した生活に刺激もなくなり、
倦怠の日々のなか、
二人にはそれぞれお互いに明かしていない秘密があって
そう、二人は暗殺者なのですね~
そんな二人が、次の標的は自分の配偶者…。

なかなか見所がありますよ!
前半観た時にこれは失敗かな?
サスペンス的かな?って思ってたけど
観たら結構コメディー的に描かれていてお勧め度◎の映画です。
なかでも、アンジェリーナ・ジョリーの不敵な笑顔は
‘ぞくぞく’させる笑顔でしたね(笑)
この映画を観たら彼女のファンになってしまう人もいるのでは?
お勧めですよ!!
2007.01.20 県庁の星
    1月20日 (土)

今日の関東はメチャ寒いですね~
何でも横浜や千葉では初雪、雪が降ったとか・・・
当たり前だけど、冬は寒いねぇ(苦笑い)
そんな冬は、やっぱり鍋物だよね!
心の温まる鍋物が食べてなぁ。

さて、先ほど『県庁の星』を観ました。
主演、キャリア県庁の‘織田祐二’君
相手役に、スーパー天満屋のバイト役の‘柴咲コウ’ちゃんが
出ておりました。

話の内容は・・・
キャリア官僚(織田君)とパート店員(柴咲コウ)が
衝突を繰り返しながらも協力して
三流スーパーの改革に乗り出す人間ドラマでした。

この映画の魅力は、柴咲コウちゃんでしたね
スーパーの店員の現実を上手く引き出しております。
残念なのがこの映画は、テレビドラマの方が
もっと柴咲コウちゃんは輝いたんじゃないかな?
映画の2時間と言う枠では勿体無かったな~
さて、観た人はいるかな?
お勧め○かな?

で、織田祐二君ですが
そろそろ‘踊る捜査’観てなぁ~~~
続編を期待しているのは僕だけかな?
なんなら、僕がシナリオを書いたろうか?
(いや、僕は恋愛小説家でしたな・・・)
まぁ、僕は踊る捜査のファンでもありますから(笑)
2006.12.18 アイランド
    12月18日 (月)

今日のこちら‘東京’は青空良い天気でした。
いつもながら
透通った冬の空から
‘富士山’はホント綺麗で・・・・・・
そんな、富士をみんなと一緒に観れないのが残念!!(笑)

本日も忙しい日を送っているのですが
『アイランド』を観ました。
‘アルマゲドン’の‘マイケル・ベイ’監督が作った
近未来アクション映画。
まさに、生きるために逃げろ!の映画です。

内容はともかく
お正月、何もする事のない時やお正月の番組に見飽きた時に
(最近の正月番組はつまらないね!)
チョッとレンタルで、映画を観たい人にお勧め◎の映画ですね!!
相手役の女性‘スカーレット・ヨハンソン’も可愛いですよ!


さてさて、元ジャイアンツの‘桑田’君
大リーグの『パイレーツ』に入団が決まったみたいですね
僕の1番好きな投手です。
38歳の大リーグ挑戦、是非不屈の闘志で頑張って欲しいですね!
    12月11日 (月)

最近『ボンディグコート』を買った‘RYU’です。
あまりの寒さの為、
仕事での外回りも多く、
最近は電車移動が多い為買ってしまいました。

今まで『トレンチ』の方を持っていましたが
あまりにも評判が悪く、女性に不評で
(似合わない声が多かった)
今回のコートは気に入っております。
みなさんに見せられないのが残念ですが・・・・・
えっ、見たくない?(苦笑い)

さて、昨夜放送されていた
『ラストサムライ』を先程観ました。
見るのは2度目です。

主演‘トムクルーズ’渡辺謙、真田広之らが出演しております。
ちょうど、明治維新がなり近代国家を目指す
‘明治初期’の日本が舞台の物語。
殆どの方がこの映画を観たことでしょう
改めて、あらすじの紹介は要りませんね(笑)

2度目の鑑賞なのですが
今見ても‘真田広之’の殺陣シーンは見事ですね
トムとの木刀での対決シーンは、迫真の演技で見応え十分でした。

今まで日本を題材にした映画は、
どこか違和感の多い(風景・動作・所作)
映画が多かったのだが『ラストサムライ’はまずまずだったのでは?
‘渡辺謙’も存在感ある‘侍’を演じていたしね。
評価は○以上ですね!!

そんな最近の世の中は、
『ラストサムライ』のような
本当の『武士道』が失われていますね
その代表例が僕なのかも知れませんが
(軟弱であり女性に弱いとか・・・・・・・)
アハハハハハハ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。